HOME

更新履歴(新着情報)

SEOスパム:SEO対策の禁じ手

自分のwebサイトを検索エンジンに上位表示させるSEO対策ですが、行き過ぎるとSEOスパムとなってしまいます。
検索エンジンはできるだけ有益な情報をユーザーに提供するため、上位表示される事しか考えていないスパム的なSEO対策を施されたサイトを排除することに力を入れています。
SEOスパムと判断されてしまうと検索結果から除外され、巡回ロボットも巡回しなくなってしまうなどのペナルティが課されてしまうので、せっかくのSEO対策も逆効果となってしまいます。

具体的なSEOスパムの方法ですが、狙ったキーワードで上位表示させるために、そのキーワードをHTML内に大量に記述するという方法が主流です。
しかし本文中に記述すると、一目でSEOスパムサイトということがばれてしまいます。そこで、背景と同じ色で記述したり、フォントサイズをものすごく小さくして見えなくしたり、普通では見えないimgタグのalt属性内やheadタグのmeta属性内などに記述したりします。またフレームを使って狭い場所に大量にリンクを仕込むということも行われます。
高度なものになると、ユーザーに見せるページと巡回ロボットに見せるページを別に作っておき、巡回ロボットに見せるページの方に大量にキーワードを書く「クローキング」という手法もあります。

仮にSEOスパム行為で上位表示されたとしても、そのサイトはいつかは検索結果から抹消されてしまうでしょう。検索エンジンはそんなに馬鹿じゃありません。
本当に自分のサイトを上位表示させたいなら、このような反則的SEO対策はやめて、正統派のSEO対策で少しづつ順位を上げていくのが、結局は近道になります。

HOME